見出し画像

イーサリアム財団 宮口エグゼクティブディレクターに聞く!イーサリアムが持つ新たな可能性 ~イーサリアムはどう社会を変えるのか~〈後編〉

ーイーサリアムは現在どのような形で活用されていますか。

今は使えるアプリケーションがどんどん増えてきています。注目されているのはやはりファイナンス系ですね。分散型のレンディング(お金の貸し借り)サービスや分散型の仮想通貨取引所、イーサリアム財団がやっている助成金を非中央集権型で出す仕組みなどもあります。レンディングだと、ドル連動型ステーブルコイン「ダイ(DAI)」(イーサリアムを使って作られた仮想通貨)などを利用した仕組みもでき始めています。
最近は個人的に注目しているのがイーサリアム財団とユニセフのイノベーションチームが組んで進めているクリプトファンドです。途上国のブロックチェーンや AI などのスタートアップ支援をしています。
興味深いプロジェクトも多く、例えば処方箋を情報改竄できないようにしたり、コロナ禍で氾濫する情報の真偽を明らかにしたりする施策が進められています。国によっては流れている情報や仕組み、お金の流れが信用できないことが大きな問題となっています。例えば、世界経済フォーラムで発表された、コロンビア政府の入札プロセスの腐敗や不透明性をイーサリアムのプラットフォームでIDや資金の流れをはっきりさせることで解決する試みがあります。このように世界では政府などパブリックセクターでの利用例も出てきています。

ーイーサリアムを使ったレンディングサービスは、イーサリアムを使ってないサービスとはなにが違うのでしょうか。

イーサリアムを使用することでの違いは分散型であるということです。1 つの組織に頼らないということが透明性に繋がる上、ID の管理がしやすいです。ID の管理に関してはイーサリアムを用いた全てのアプリケーションに関連します。アメリカではクレジット情報に関して、アパートを借りるときもクレジットヒストリーの提出が必要であるくらい大切であるにもかかわらず、そこに蓄積されたクレジット情報が正しいかどうか、自分のクレジットなのに自分で確認できない上、誰がどうチェックしているのかも分かりません。
ひどい目に合わないと分からないですが、被害にあっている人は案外多いです。
ID の盗難や情報漏洩といった問題は、情報の管理をどこかの機関に頼っていることの弊害だと考えています。先日の Twitter のハッキング事件(バラク・オバマ前米大統領や、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏など数多くの Twitter アカウントが乗っ取られた事件)もそうですが、利用者個人がどんなにセキュリティを固めても、1 つの会社のシステムやサーバーがやられると無意味になってしまいます。その企業に悪意が無くても起きてしまうことなのです。既にコロナ禍で深刻化していますが、今後サイバーセキュリティはどんどん大きな問題になると考えています。


ー日本で暮らしていると怖い目にあうことは少ないですが、そういう目にあわないと分散型の価値が分かりにくいのではないかと思いました。

その通りですね。ブロックチェーンの大きな目的は信用を生み出すという点ですが、日本はお金を払わなくても信頼が成り立つ、世界でも珍しい国なので分散型にする価値が分かりにくいと思います。
例えば代金引換の仕組みもそうですね。商品をもらってからやっぱり払わない、という人が半数でもいたら会社が潰れてしまいます。このことから、アメリカでは代金引換は存在しません。これから世の中が変わっていくと一般の人もそういうことを考えなければいけない時代になっていきます。そういう部分で、ブロックチェーンに関する興味と教育の需要が増えています。


ー今、日本でイーサリアムが使われている事例はありますか。

日本発で実際にサービスが開始されているものといえば、ブレイブフロンティアやマイクリプトヒーローズ(マイクリ)、クリプトスペルズ、コントラクトサーヴァントなど、ゲームが多いようです。あと FiNANCiE という個人の成長に対して支援ができるアプリもありますね。
また、実証実験中や開発途中のアプリケーションもたくさんあり、イーサリアムを使った電子書籍事業(ガウディ、コミックスマート)、AI の機械学習モデルを管理するプラットフォーム(クーガー)、サプライチェーンの電子化・効率化(三井物産流通ホールディングス、NTTコミュニケーションズ)などが最近発表されています。

ゲームに関して日本は強いので、これからさらに分散型のゲームが出てきて注目されていくのではないかと思います。使いやすさの改善に関しても日本人の得意なところなので今後の日本勢の活躍に期待したいですね。

ーイーサリアムの今後についてお聞きしたいです。

例えば特に深刻な問題の多い途上国ですが、中央集権型の弊害を解決することで社会に大きな変化が起き、そういう大きな社会の変化に関わっていけるプロジェクトが既に出てきていますね。長期的には私たちの想像を超えるアプリケーションもでてくると思います。例えばインターネットができたばかりの時、今後何に使えるんだろうというように、E メールという使い道も想像できなかったレベルだと思うのですが、それと同じです。インフラなので、まだ今後利用拡大のきっかけとなるアプリケーションや新しい使い道などが登場してくるかと思います。それこそオープンソースなので、具体的な中身は未知数であるというのが良いところですね。10 年後お茶を飲みながらすごいなあ、こういうのがあるんだなあなど言っていたいです(笑)。

ーイーサリアムで作られた ERC20 トークンの時価総額が直近上がってきているかと思うのですが、それはイーサリアムが目指すプラットフォームからみてどのように考えていらっしゃいますか。

そうですね、価格自体はそこまで気にしないようにしていますが、技術やメリットに対する評価が価格に反映されているのが理想的ですね。最初のころは全く反映されない時期もあったので。
今イーサリアムが一旦落ち着いてから伸びてきているのを見ると、本当の可能性を理解してもらって伸びてきていると捉えられるのでそういう見方をすると良いと思います。ただ、アプリケーションによって用途も違うので、一概にこういう使い方が良いとか悪いとかは個人的な意見になってしまうので言えません。

ー貴重なお話をありがとうございました!

アカウントの作成はこちらから。ログインはこちらから。


注意事項(よくお読みください)
●暗号資産は法定通貨ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。特定の者によりその価値を保証されているものではありません。また、暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではありません。
●販売所取引は、実質的に手数料を含んだ購入・売却価格をお客様に提示しております。そのため、暗号資産の売付けの価格と買付けの価格とに差が発生します。
●暗号資産交換取引及び暗号資産関連店頭デリバティブ取引(以下、併せて「暗号資産関連取引」といいます。)をご利用に際してお支払いただく手数料、その他費用、計算方法等は「手数料一覧」に定める通りです。
暗号資産関連店頭デリバティブ取引手数料は無料ですが、ロールオーバー(同一営業日中に反対売買されなかった建玉を翌営業日に繰り越すこと)により、スワップポイントの支払いが発生します。また、Lightning FXでは、Lightning FX 取引価格と Lightning 現物(BTC/JPY)取引価格が 5% 以上乖離している場合、約定ごとにLightning FX SFD (Swap For Difference)と呼ばれる費用または報酬が発生します。
手数料一覧:https://bitflyer.com/ja-jp/Commission
●暗号資産関連店頭デリバティブ取引を行うには、証拠金の差し入れが必要です。必要となる証拠金の額は、実際のお取引の額に証拠金率を乗じて算出される額になります。
証拠金率:25%(レバレッジ 4 倍の場合)~ 100%(レバレッジ 1 倍の場合)
●暗号資産関連取引は、元本を保証するものでなく、取引対象である暗号資産等の価格変動により損失が生じることがあります。暗号資産の価格は、需給バランスの変化や、物価、法定通貨、他の市場の動向、天災地変、戦争、政変、法令・規制の変更、暗号資産に係る状況の変化、その他の予期せぬ事象や特殊な事象等による影響により、急激に変動、下落する可能性があり、価格がゼロとなる可能性があります。
●暗号資産関連店頭デリバティブ取引は、取引金額がその取引についてお客様が預入れる証拠金の額と比して大きいため、その損失の額が預入証拠金の額を上回ることがあります。
また、値動きの状況によって注文が約定しない場合や意図した取引ができない可能性又は意図しない取引が成立する可能性があります。
●電子認証に用いられる秘密鍵もしくはパスワードを失った場合、保有する暗号資産に一切アクセスできなくなり、その価値を失う可能性があります。また、これらが第三者に悪用された場合、お客様に損失が生じる可能性があります。
●暗号資産は電子的に記録され、その移転はネットワーク上で行われます。暗号資産関連取引は十分な取引確認(ブロックチェーンにおける取引の認証)が取れるまで一定時間保留状態が続きます。また、移転の過程で重大な問題が発生した場合、暗号資産が消失する恐れがあります。そのほか、サイバー攻撃等により暗号資産が消失したり、価値が減少するリスクがあります。
●当社またはお客様ご自身の通信・システム機器の故障、通信障害等その他の原因により、電子取引システムを利用できない状況が起こる可能性があり、処理の遅延や、注文の発注、執行および取消し等が行えない可能性があります。また、システムメンテナンス等の実施中は、暗号資産関連取引およびこれに付随する依頼の受託を行うことができませんが、その間に市場価格が大きく変動するリスクがあります。
●暗号資産関連取引を開始する場合や継続して行う場合には、「契約締結前交付書面」等をご確認いただき、取引の仕組みやリスクについて十分にご理解いただき、お客様の資力、取引経験及び取引目的に照らして適切であると判断する場合にのみ、自己の責任においてお取引いただくようお願いいたします。
●暗号資産は、代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、また不特定の者を相手方として購入および売却を行うことができます。なお、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。
●外部環境の変化等によって当社の事業が継続できなくなるリスクがあります。万が一、当社が事業を継続できなくなった場合は、お客様の資産への対応を含め、倒産法や会社法、会社更生法、民事再生法等に基づく手続きが行われます。当社は、お預りするお客様の金銭および暗号資産を、当社固有の資産と区分し、分別管理を行っております。

株式会社 bitFlyer
暗号資産交換業者登録 関東財務局長 第00003号
令和元年法律第28号附則第10条第1項に基づくみなし金融商品取引業者(第一種金融商品取引業)
加入協会:一般社団法人 日本暗号資産取引業協会
 ・認定資金決済事業者協会所属
 ・認定金融商品取引業協会所属

スキをありがとうございます!
8
「お金をもっと身近に。楽しく学ぶ!」をテーマにした、株式会社 bitFlyerのブログ。 お金について、世の中のちょっとした変化について、サービスの紹介などを発信しています。https://bitflyer.com/ja-jp/

こちらでもピックアップされています

ブロックチェーン
ブロックチェーン
  • 3本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。