見出し画像

2020 年 9 月の主な暗号資産(仮想通貨)ニュース


2020 年 9 月の暗号資産市場は、昨今加熱している DeFi ブームに関連したニュースや、欧州連合(EU)による暗号資産の規制計画に関するニュースに注目が集まりました。

今回は、CoinPost で 9 月によく読まれた記事の中から、bitFlyer が注目したニュース記事をピックアップしました。

アカウント作成はこちらから。ログインはこちらから。


クレカ最大手 VISA、暗号資産(デジタル決済)分野の事業拡大へ
VISA はこれまでの金融、決済分野におけるノウハウを最大限に活かし、暗号資産業界での活動を活発化させています。現在、世界中で 25 を超えるデジタル通貨ウォレットが VISA にサービスをリンクしており、ユーザーは保有している暗号資産の残高を全ての VISA 加盟店で簡単に使用できるといいます。


欧州連合(EU)、暗号資産規制案を正式に発表
EU は暗号資産に関する規制を正式に提案しました。特に Facebook 社が導入を目指す「リベラ」を意識した規制も盛り込み済みで、欧州が暗号資産の規制や技術で世界をリードする狙いがあります。また、規制のみならず、新技術やビジネスの発展を推進する「サンドボックス制度」も導入するとしています。


ビットコインアドレスの大半が含み益、実現時価総額では暗号資産バブルを上回る
ビットコインのアカウント情報の集計より、含み益のあるアドレスが約 76%(計 2400 万アドレス)を占めることが分かりました。現在、ビットコインの実現時価総額は 1150 億 USD に達し、2017 年のバブルの時より 430 億ドルを上回っているとされ、半減期(2020 年 5 月 12 日)以降、実現時価総額は着実に増加しています。


イーサリアム上でトークン化されたビットコイン、DeFi で巨大需要
イーサリアムのブロックチェーン上でトークン化されたビットコインの総額が約 11 億 USD(約 1160 億円)に達しました。ビットコインの価格とブランド力に加え、イーサリアムのプログラマビリティを兼ね備えた需要の高いトークンに DeFi(分散型金融)市場では人気が集まっています。

リップル社の共同創設者が 5億 XRP を送金──送金先は?
暗号資産業界で始めて Forbes 社の世界の保有資産ランキング上位 400 人に選出されたリップル社共同創設者のクリス・ラーセン氏 がおよそ 125 億円相当の XRP をニューヨークの暗号資産投資ファンド NYDIG に送金したことが分かりました。



注意事項(よくお読みください)
本資料は株式会社 bitFlyer 及び関係する業界に関する参考情報の提供を目的としており、当社が提供するサービスの勧誘を目的としたものではありません。
当社および説明者は、本資料において正確な情報を提供するよう努めておりますが、その完全性・正確性について保証するものではありません。
また、本資料の内容及び発言内容は説明者の個人的見解を含むことがあります。当該内容に基づいて生じた不利益について、当社及び説明者個人は一切の責任を負いません。

スキをありがとうございます!
13
「お金をもっと身近に。楽しく学ぶ!」をテーマにした、株式会社 bitFlyerのブログ。 お金について、世の中のちょっとした変化について、サービスの紹介などを発信しています。https://bitflyer.com/ja-jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。