見出し画像

「仮想通貨サービス利用率」2 年連続国内 No.1 を獲得、さらに「家族や友人に勧めたい仮想通貨サービス」でも新たに国内 No.1 に選出されました

先日、スマホアプリ「bitFlyer ウォレット」が 2020 年上半期「月間アクティブ利用者数 No.1」「ダウンロード数 No.1」を獲得しましたが(※1)、この度 4 つの指標で No.1 を昨年に続き獲得し、加えて新たに 3 つ指標でも No.1 を獲得しました。
お客様に心より感謝申し上げます。

昨年に続き獲得した No.1 指標(※2)
● 仮想通貨サービス初回利用率国内 No.1
● 仮想通貨サービス利用経験率国内 No.1
● 仮想通貨サービス現利用率国内 No.1
● 仮想通貨アプリ初回利用率国内 No.1
新たに獲得した No.1 指標(※2)
● 仮想通貨サービス使いやすさ国内 No.1
● 仮想通貨アプリ使いやすさ国内 No.1
● 家族や友人に勧めたい仮想通貨サービス国内 No.1
上記以外の No.1 指標
● ビットコイン取引量国内 No.1(※3)
● ビットコイン取引量 4 年連続国内 No.1(※4)
● 2020 年上半期 アプリ月間アクティブ利用者数国内 No.1
● 2020 年上半期 アプリダウンロード数国内 No.1

お客様属性の変化
利用率 No.1 を去年に続き獲得したことをうけ、直近のお客様属性について調査したところ、以前(2018 年 7 月)は 30-40 代男性による取引が多くを占めていましたが、直近(2020 年 7 月)は 20 代男性による取引が増加(※5)しており、最も大きな比率を占めるようになりました。また全体に占める、投資未経験者の比率も増加傾向にあります。投資経験のない若い年代のお客様が、初めての投資として仮想通貨取引を選んでいるようです。

画像1

画像2

当社は、より多くのお客様に仮想通貨の魅力に触れていただけるよう今後もサービスの充実に努め、世の中をもっと便利で豊かにしていきます。
日頃からご愛顧、ご支持いただいているお客様に対し、改めて心より感謝申し上げます。

アカウントの作成はこちらから。ログインはこちらから。


※1 App Ape 調べ。国内の仮想通貨取引アプリ「スマートフォンアプリの市場/利用状況データ」レポートの iOS、Android 版共に No.1を獲得。調査対象期間 2020 年 1 月 - 6 月。(月間アクティブ利用者数は対象期間中、各月において。)
※2 仮想通貨取引サービス利用者 20-69 歳男女 1,000 人を対象に、インターネットによるアンケートを実施。調査実施日は 2020 年 6 月 18-29 日。調査機関:株式会社インテージ
※3 Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内仮想通貨交換業者における 2019 年 1 月- 12 月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)
※4 Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内仮想通貨交換業者における 2016 年- 2019 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
※5 当社調べ。2018 年 7 月 1-31 日、2020 年 7 月 1-31 日、それぞれの期間中に当社販売所・簡単取引所・bitFlyer Lightning いずれかで仮想通貨取引に至ったお客様のデータを対象に集計。

注意事項(よくお読みください)
●暗号資産は法定通貨ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。特定の者によりその価値を保証されているものではありません。また、暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではありません。
●販売所取引は、実質的に手数料を含んだ購入・売却価格をお客様に提示しております。そのため、暗号資産の売付けの価格と買付けの価格とに差が発生します。
●暗号資産交換取引及び暗号資産関連店頭デリバティブ取引(以下、併せて「暗号資産関連取引」といいます。)をご利用に際してお支払いただく手数料、その他費用、計算方法等は「手数料一覧」に定める通りです。
暗号資産関連店頭デリバティブ取引手数料は無料ですが、ロールオーバー(同一営業日中に反対売買されなかった建玉を翌営業日に繰り越すこと)により、スワップポイントの支払いが発生します。また、Lightning FXでは、Lightning FX 取引価格と Lightning 現物(BTC/JPY)取引価格が 5% 以上乖離している場合、約定ごとにLightning FX SFD (Swap For Difference)と呼ばれる費用または報酬が発生します。
手数料一覧:https://bitflyer.com/ja-jp/Commission
●暗号資産関連店頭デリバティブ取引を行うには、証拠金の差し入れが必要です。必要となる証拠金の額は、実際のお取引の額に証拠金率を乗じて算出される額になります。
証拠金率:25%(レバレッジ 4 倍の場合)~ 100%(レバレッジ 1 倍の場合)
●暗号資産関連取引は、元本を保証するものでなく、取引対象である暗号資産等の価格変動により損失が生じることがあります。暗号資産の価格は、需給バランスの変化や、物価、法定通貨、他の市場の動向、天災地変、戦争、政変、法令・規制の変更、暗号資産に係る状況の変化、その他の予期せぬ事象や特殊な事象等による影響により、急激に変動、下落する可能性があり、価格がゼロとなる可能性があります。
●暗号資産関連店頭デリバティブ取引は、取引金額がその取引についてお客様が預入れる証拠金の額と比して大きいため、その損失の額が預入証拠金の額を上回ることがあります。
また、値動きの状況によって注文が約定しない場合や意図した取引ができない可能性又は意図しない取引が成立する可能性があります。
●電子認証に用いられる秘密鍵もしくはパスワードを失った場合、保有する暗号資産に一切アクセスできなくなり、その価値を失う可能性があります。また、これらが第三者に悪用された場合、お客様に損失が生じる可能性があります。
●暗号資産は電子的に記録され、その移転はネットワーク上で行われます。暗号資産関連取引は十分な取引確認(ブロックチェーンにおける取引の認証)が取れるまで一定時間保留状態が続きます。また、移転の過程で重大な問題が発生した場合、暗号資産が消失する恐れがあります。そのほか、サイバー攻撃等により暗号資産が消失したり、価値が減少するリスクがあります。
●当社またはお客様ご自身の通信・システム機器の故障、通信障害等その他の原因により、電子取引システムを利用できない状況が起こる可能性があり、処理の遅延や、注文の発注、執行および取消し等が行えない可能性があります。また、システムメンテナンス等の実施中は、暗号資産関連取引およびこれに付随する依頼の受託を行うことができませんが、その間に市場価格が大きく変動するリスクがあります。
●暗号資産関連取引を開始する場合や継続して行う場合には、「契約締結前交付書面」等をご確認いただき、取引の仕組みやリスクについて十分にご理解いただき、お客様の資力、取引経験及び取引目的に照らして適切であると判断する場合にのみ、自己の責任においてお取引いただくようお願いいたします。
●暗号資産は、代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、また不特定の者を相手方として購入および売却を行うことができます。なお、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。
●外部環境の変化等によって当社の事業が継続できなくなるリスクがあります。万が一、当社が事業を継続できなくなった場合は、お客様の資産への対応を含め、倒産法や会社法、会社更生法、民事再生法等に基づく手続きが行われます。当社は、お預りするお客様の金銭および暗号資産を、当社固有の資産と区分し、分別管理を行っております。

株式会社 bitFlyer
暗号資産交換業者登録 関東財務局長 第00003号
令和元年法律第28号附則第10条第1項に基づくみなし金融商品取引業者(第一種金融商品取引業)
加入協会:一般社団法人 日本暗号資産取引業協会
 ・認定資金決済事業者協会所属
 ・認定金融商品取引業協会所属

スキをありがとうございます!
11
「お金をもっと身近に。楽しく学ぶ!」をテーマにした、株式会社 bitFlyerのブログ。 お金について、世の中のちょっとした変化について、サービスの紹介などを発信しています。https://bitflyer.com/ja-jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。