見出し画像

次世代ブラウザ「Brave」と暗号資産(仮想通貨)「BAT」が示す新たな可能性

2020 年 4 月 9 日、 bitFlyer は暗号資産(仮想通貨) BAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始しました。

BAT は bitFlyer 上場前から注目を集めていましたが、その大きな理由が先行して開発された次世代ブラウザ Brave の存在です。

そこでこの記事では、BAT と Brave の仕組みや展望について、 Brave Software Asia株式会社 代表の嶋瀬様にインタビューを行い、誕生の経緯や現状、今後のビジョンなどを伺いました。Brave と BAT の未来について様々な可能性を感じることができると思います。


――まずは Brave と BAT の関係について簡単に教えてください。

Brave は快適でプライバシーが守られる新しいインターネットを実現するために開発されたブラウザであり、BAT は Brave 上で流通する暗号資産(仮想通貨)です。ユーザーは Brave を利用する中で、BAT(日本ではBATポイント)を取得することができます。

Braveについてテレビ番組「話題のアプリええじゃないか!(TOKYO MX)」でご紹介いただきました。5 分ほどで Brave と Brave 広告の仕組みについてわかりやすくご紹介いただいています。是非お時間ある際に、こちらからご覧いただけると嬉しいです。


――Brave は誰が事業として始めたのでしょうか。

Brave は 2015 年に創業者はプログラミング言語 JavaScript の生みの親であり、 Netscape の元エンジニアで、 世界で最も利用されているブラウザの 1 つである Firefox の最高技術責任者(CTO)を務めていたブレンダン・アイクによって創業されました。

――Brave の現時点での利用者数はどのくらいですか

世界では 2019 年 11 月に正式版がリリースされ、現在の月次利用者数は 1,390 万人を突破しました。日本でも 2019 年 7 月にスタートして、現時点の利用者は数十万人、 Google Play の通信カテゴリでは LINE や Skype を抜いてランキング 1 位に入ることも増えています。

――Brave ブラウザの特徴は何でしょうか。

これまでは望まない多くの広告(高画質なものから動画まで)を表示するためのコストを、煩わしさや通信コスト、時間という形でユーザーが負担していました。Brave はその負担を減らす新しい広告の届け方のモデルを築こうとしています。

多くのウェブページには、広告やトラッカーが埋め込まれ、外部のサーバーにユーザの情報を送信しています。Brave ブラウザはそういった通信をブロックします。
結果として Brave ブラウザを使うと、煩わしい広告の表示量が激減し、その分データ通信料が安くなるだけでなく、ブラウジングも高速化し、さらにユーザーのプライバシーも守られます。
また余計なデータ通信が減ることで、スマホのバッテリー消費が 40% も削減できるというデータも出ています。

――先ほど Brave を利用する中で、BAT(BATポイント) を取得することができるとご説明いただきましたが、例えば Brave で広告を見ると、BAT(BATポイント)がもらえるそうですね。

その通りです。 Brave Rewards の機能をオンにして Brave の広告を閲覧した場合、広告収益の 70% にあたる BAT(BATポイント)を、ユーザーは受け取ることができます。Brave の広告はゼロ知識証明などの技術により、広告の配信・効果測定をユーザーのプライバシーを脅かすことなく実現しています。

ここまで Brave をご利用いただくことでのユーザー側の利点をお伝えしてきましたが、Brave は BAT を通じて、ユーザー、コンテンツクリエイター、そして広告主にとってメリットのある新しいインターネットを構築しようとしています。

三方良し

――実際いくらくらいの BAT(BATポイント)をもらえるのでしょうか。

スマホを使う頻度や時間帯、地域によっても違いますが、世界では 月 5 ドル程度もらっているユーザーが既に結構います。日本では現状、月に 300 円ほどといったところです。直近の目標としては、月に 1,000 円程度をユーザーに支払えることを目標に Brave 事業の拡大を図っています。そしてゆくゆくは、年間 2 ~ 3 万円程度まで増やしていきたいと考えています。

――ユーザーからすると、いつものようにただネットサーフィンしているだけでも、勝手に毎月 BAT(BATポイント)が貯まっていくということですよね。すごいです!

――貯めた BAT や BATポイントは、どんなサービスに使えますか。

代表的なもので言えば、サイト運営者への自動支援(オートコントリビューション)です。 Wikipedia がメディアパートナーになって、自動支援を受け付けています。

海外では、他の暗号資産(仮想通貨)への交換、実店舗の支払いにも使えるシステムの提供も始めています。米国では、スターバックスカードやアマゾンギフト券に交換できるサービスも発表されました。
まだ開発中ですが、今後はデジタルコンテンツのオンライン購入なども、1 ページ 1 円ずつなどごく少額で決済できるようになる予定です。

――広告主のお金がユーザーへ直接行くと、メディアの疲弊につながりませんか。

現在のネット広告のモデルですと、毎月のアクティブユーザー数が 1,000 万を超えるメディアですら、それ単体ではビジネスとして成り立たないケースが少なくありません。そこで私たちが進めているのが、 BATポイントの自動分配機能です。ユーザーの閲覧状況によって、毎月自動的に BATポイントがメディアに配られるというものです。これにより、現在の通常のWeb広告の収益の 2 倍、3 倍と稼げるようになる。そういうシステムの構築をひとつのミッションとしています。

――メディアが疲弊する恐れよりも、むしろ新しい収益源を作ろうとしているということですね。

広告収益の増加は、メディアの健全化にも繋がると考えています。例えば「福島原発のその後」と「アイドルのスキャンダル」という 2 つの記事があるとします。今のビジネスモデルだと、広告収入が集まりやすいのはスキャンダルの方です。Brave の自動支援は PV ではなく、記事を読んでいた時間を考慮して分配されるため、単に目を引きやすい記事ではなく、しっかりとした内容がある記事により多くの BATポイントが分配されます。

また、ユーザは自動分配に加えて記事に対してチッピングを能動的に行うことも可能です。このようにして、より高いクオリティのコンテンツに、より多くの BATポイント・お金が入る仕組みが実現され、公共性の高い記事やニュースを出し続けることができます。

――ありがとうございました。


ユーザー、メディア、そして広告主。「三方良しであることに気を付けて運営しています」という Brave。Brave と BAT が実現しようとしている未来に興味を持った方はぜひ、 bitFlyer で BAT を持ってみてはいかがでしょうか。BAT 自体の価値も Brave の利用が拡大することで向上していくかもしれません。

BAT販売所へのリンクはこちら
さらに詳しく知りたい人は、 Brave 公式サイトもぜひご確認ください。


アカウントの作成はこちらから。ログインはこちらから。



注意事項(よくお読みください)

●暗号資産は法定通貨ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。特定の者によりその価値を保証されているものではありません。また、暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではありません。

●販売所取引は、実質的に手数料を含んだ購入・売却価格をお客様に提示しております。そのため、暗号資産の売付けの価格と買付けの価格とに差が発生します。

●暗号資産交換取引及び暗号資産関連店頭デリバティブ取引(以下、併せて「暗号資産関連取引」といいます。)をご利用に際してお支払いただく手数料、その他費用、計算方法等は「手数料一覧」に定める通りです。

暗号資産関連店頭デリバティブ取引手数料は無料ですが、ロールオーバー(同一営業日中に反対売買されなかった建玉を翌営業日に繰り越すこと)により、スワップポイントの支払いが発生します。また、Lightning FXでは、Lightning FX 取引価格と Lightning 現物(BTC/JPY)取引価格が 5% 以上乖離している場合、約定ごとにLightning FX SFD (Swap For Difference)と呼ばれる費用または報酬が発生します。

手数料一覧:https://bitflyer.com/ja-jp/Commission

●暗号資産関連店頭デリバティブ取引を行うには、証拠金の差し入れが必要です。必要となる証拠金の額は、実際のお取引の額に証拠金率を乗じて算出される額になります。

証拠金率:25%(レバレッジ 4 倍の場合)~ 100%(レバレッジ 1 倍の場合)

●暗号資産関連取引は、元本を保証するものでなく、取引対象である暗号資産等の価格変動により損失が生じることがあります。暗号資産の価格は、需給バランスの変化や、物価、法定通貨、他の市場の動向、天災地変、戦争、政変、法令・規制の変更、暗号資産に係る状況の変化、その他の予期せぬ事象や特殊な事象等による影響により、急激に変動、下落する可能性があり、価格がゼロとなる可能性があります。

●暗号資産関連店頭デリバティブ取引は、取引金額がその取引についてお客様が預入れる証拠金の額と比して大きいため、その損失の額が預入証拠金の額を上回ることがあります。

また、値動きの状況によって注文が約定しない場合や意図した取引ができない可能性又は意図しない取引が成立する可能性があります。

●電子認証に用いられる秘密鍵もしくはパスワードを失った場合、保有する暗号資産に一切アクセスできなくなり、その価値を失う可能性があります。また、これらが第三者に悪用された場合、お客様に損失が生じる可能性があります。

●暗号資産は電子的に記録され、その移転はネットワーク上で行われます。暗号資産関連取引は十分な取引確認(ブロックチェーンにおける取引の認証)が取れるまで一定時間保留状態が続きます。また、移転の過程で重大な問題が発生した場合、暗号資産が消失する恐れがあります。そのほか、サイバー攻撃等により暗号資産が消失したり、価値が減少するリスクがあります。

●当社またはお客様ご自身の通信・システム機器の故障、通信障害等その他の原因により、電子取引システムを利用できない状況が起こる可能性があり、処理の遅延や、注文の発注、執行および取消し等が行えない可能性があります。また、システムメンテナンス等の実施中は、暗号資産関連取引およびこれに付随する依頼の受託を行うことができませんが、その間に市場価格が大きく変動するリスクがあります。

●暗号資産関連取引を開始する場合や継続して行う場合には、「契約締結前交付書面」等をご確認いただき、取引の仕組みやリスクについて十分にご理解いただき、お客様の資力、取引経験及び取引目的に照らして適切であると判断する場合にのみ、自己の責任においてお取引いただくようお願いいたします。

●暗号資産は、代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、また不特定の者を相手方として購入および売却を行うことができます。なお、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

●外部環境の変化等によって当社の事業が継続できなくなるリスクがあります。万が一、当社が事業を継続できなくなった場合は、お客様の資産への対応を含め、倒産法や会社法、会社更生法、民事再生法等に基づく手続きが行われます。当社は、お預りするお客様の金銭および暗号資産を、当社固有の資産と区分し、分別管理を行っております。

株式会社 bitFlyer

暗号資産交換業者登録 関東財務局長 第00003号

令和元年法律第28号附則第10条第1項に基づくみなし金融商品取引業者(第一種金融商品取引業)

加入協会:一般社団法人 日本暗号資産取引業協会

 ・認定資金決済事業者協会所属

 ・認定金融商品取引業協会所属



スキをありがとうございます!
51
「お金をもっと身近に。楽しく学ぶ!」をテーマにした、株式会社 bitFlyerのブログ。 お金について、世の中のちょっとした変化について、サービスの紹介などを発信しています。https://bitflyer.com/ja-jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。